お風呂上がりに保湿とマッサージは欠かせません。

入浴中は発汗するし、クレンジングや洗顔で顔の水分が少なくなってます。なので、お風呂から上がったら10分以内に保湿するようにしてます。
化粧水と乳液は自然素材の物を使用しています。
化粧水はケチらずに、たっぷり手に取りしっかりと手のひらで肌に押し込むように。そうすることで手の体温で化粧水が浸透しやすくなります。

次に乳液をたっぷり手に取り、顔全体とデコルテまで広げます。化粧水と同じ要領で肌に押し込んで、もっちりしてきたらマッサージ開始です。
まず鎖骨の上、窪みがある辺りをさすり、リンパの流れを良くします。

【首のシワ予防】
首の両側を上から下へ10回ほどさすります。次に真ん中も10回ほど同じようにさすり下ろします。

【目の下のクマ取り】
下まぶたを目頭から目じりに向かって指で10回ほどさすります。次に親指で、眉の下の窪みを目頭から目じりに向かって指で押しながら10回ほどさすります。
最後にこめかみをクルクルほぐして、そのまま下に向かって老廃物を流すようにさすります。

【頬のたるみ予防】
頬骨の下の窪みに、グーにした手の指を当ててクルクルほぐします。次に顔の側面に向かって老廃物を流し、下に向かってさすり下ろします。咬筋の辺りも同じようにマッサージします。

【顎のラインを綺麗に】
左の下顎の窪みに右手を添え、老廃物を流すように耳に向かってさすります。その後首筋に沿って鎖骨へ流します。左右10回ほど行います。

途中で乳液が足りなくなるので、その都度足していきます。化粧水もたっぷり使うので、化粧水と乳液を使い切るタイミングはほぼ同じです。

これを全て行っても、さほど時間はかかりません。
色んな本に書いてあること、エステティシャンの方などの話を参考にして自己流に混ぜてます。
やりやすい方法で気持ちよく、継続してマッサージするのがキレイの近道かな…と思ってます。

最近肌の化粧のりが悪く悩んでいました。
そこで美容雑誌を読みあさり、化粧乗りの悪い原因は乾燥によるものから来るというのを目にしました。
実際ファンデーションのノリの悪さや色むらがある原因は肌の凹凸によるものからきていると考えました。

もちろん化粧下地でしっかりとベースをつくってからお化粧すればごまかすことが出来ますがやはり凹凸がずっとあるとすっぴん肌になった時に凸凹した感じが直接分かってしまいますし、
赤ちゃんの肌を見ると水分量がおおく持っちりとしていて肌がすべすべだということに気づきました。

なのでその日以来渡しはとにかく保湿をすることに重点を置くようにしました。
美白ラインで今までは基礎化粧品を集めてきましたが、保湿に特化したような基礎化粧品に切り替えるのと同時に部屋を必ず加湿器で加湿し、一定の湿度に保つように心がけました。
毎年冬の時期に唇が乾燥によってあれあれだったのですが保湿を徹底するようになってからはあまりあれることがなくなりました。

それと同時に肌の調子もよくなり、保湿を一生懸命やったおかげで肌のトーンもワントーン上がったように感じました。
肌のトーンは保湿によってかなり変わると思うので皆さんにもぜひ実施してほしいと思いました。

プ~ンとしたニオイが気になる“あなた”にお奨めしたいオールインワンクリーム♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です