敏感肌のケア

私は化粧品にかぶれやすかったり、肌が少しこすれただけで赤みが出やすいなど、ちょっとした刺激で肌トラブルを起こしやすい肌質のことを敏感肌です。
敏感肌にはアレルギー体質など生まれつきの要素も関係するみたいですが、年齢とともに肌が敏感になってきたなと感じるようなら、セラミド不足が原因で敏感肌になっている可能性もありようです。
セラミドは、肌の水分を守る保湿物質ですが、セラミドが不足してしまうと、肌の水分が逃げるだけではなく、外部刺激から肌を守るバリア機能も低下してしまうみたいです。

肌のターンオーバーが正常に行われている肌の各層には、角質細胞同士をつなぎとめるセラミド等の角質細胞間脂質が十分にあるので、このためバリア機能が保たれて外部刺激をシャットアウトできます。

ターンオーバーが低下してしまうと、各層のセラミドが減少してしまい肌の水分が失われてしまいます。
バリア機能が低下して、外部刺激が肌の奥まで入り込んでしまい、刺激に弱い肌になってしまいます。

こうした敏感肌を防ぐには、正しい保湿で健やかなバリアをはぐくむようにすると良いようです。
私のように間違ったスキンケアで、自分で敏感肌を作ってしまっている人もいるようなので要注意です。
洗浄力の強いオイルやリキッドタイプのクレンジング、日焼け止め下地、リキッドファンデーションなどが乾燥を招いて、肌を敏感にさせてしまうことがあるので注意しましょう。

私が行っている敏感肌ケア方法は
セラミド配合の美容液で保湿を強化しています。
敏感肌のバリア回復には、保湿が1番大切なようなので。
最強の保湿はセラミドなどの水分と結合する成分を補うことだそうです。

クレンジング量は、洗浄力が強すぎない敏感肌用のクリームタイプがオススメ。
適度な硬さのあるものの方が、肌をあまり擦らなくて良いみたい。

ファンデーションは肌に優しいパウダータイプが良いです。
クリームやリキッドのファンデーションは水分を含むので、顔料をそこに分散させる界面活性剤や保存のための防腐剤が入っているので。
肌へのやさしさで選ぶなら、パウダータイプが良いと勧められました。
パウダーが粉っぽくて苦手な人は、固形の練りファンデーションでも良いようです。

極端に敏感肌に傾いた時は保湿中心のシンプルケアにしましょう。
水もしみるほど敏感な時はクリームだけをつけます。
UV対策は肌に刺激がある日焼け止め化粧品は避けて、パウダーファンデーションかフェイスパウダーにしましょう。

スキンケアコスメ探すのに参考にしたのがこちらhttps://senbon-zakura.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です