髪をもう傷ませない!速乾ブローで美髪を保つコツ

ドライヤーを使うと髪が傷んでしまう、なかなか乾かずドライヤーを長時間当てるのでダメージが心配……とお悩みになった経験がある女性も多いのではないでしょうか。

髪を清潔かつ綺麗に保つにはお風呂上がりのドライヤーが必須ではありますが、やり方を間違ってしまうとかえって髪を傷ませる原因になってしまいます。本記事では、髪をもう傷ませない、速乾ブローで美髪を保つコツについて紹介します。

まずは髪全体をタオルドライ

ドライヤーの前のタオルドライは非常に大切です。お風呂から上がったらまず髪全体をタオルで包み、タオル越しに優しく揉んで水分を吸い取ります。その後水分を多く含む髪の根元や地肌、髪の奥側をタオルで押さえてください。

これらの部位はただドライヤーで温風を当てても乾きづらい部分なので、タオルドライ時に水分を取っておく方がドライヤーの時間短縮ができます。最後に毛先部分をタオルで挟み軽く叩くようにして余分な水分を取り、仕上げにトリートメントやヘアミストで髪を保護します。

ブローは髪の根元から重点的に

ブローする時は髪をまず左右にブロッキングし、地肌や根本に風を当てます。この時、一箇所に集中して風を当てると髪が傷むので髪とドライヤーは離し、軽く揺するようにするのがポイント。これらの部位が先に乾かないと、髪の毛先や中央部分にドライヤーを当てた所でいつまで経っても乾きません。

根本や地肌部分が乾いて髪がふんわりとしてきたら、次は髪を上下にブロッキングしてまだ湿っている根本に風を当てていきます。全体的に乾いてきたら毛先にも温風を当て、全体的に乾き残しがないか改めてチェックします。

完全に乾いたら仕上げに冷風を当てる

髪が完全に乾いたら、仕上げに冷風を当ててください。乾かしたままの状態ではキューティクルが開きっぱなしになっているため、髪が温かい状態で放置すると癖がつきやすくなったりダメージを受けやすくなります。

冷風を当てればキューティクルが引き締まりツヤと強度が生まれるので、ダメージにも負けない綺麗な髪に仕上がりますよ。

抜け毛や髪の細さが気になる場合は、仕上げに頭皮用の美容液・育毛剤などで地肌に栄養を与えるのもおすすめです。アルコールフリーでカラーリングが長持ちする人気の頭皮ケアアイテムは以下の記事もチェックしてみてください。

イクモアナノグロウリッチ口コミ
※女性に人気!

まとめ

以上、髪をもう傷ませない! 速乾ブローで美髪を保つコツの内容でお送りしました。特に乾きづらい地肌と髪の根本から温風を当てていき、風が当てづらい部分はブロッキングでより早く髪を乾きます。

速乾の方法を知っているとスタイリングや日々のドライヤーも楽になりますし、熱ダメージを軽減して髪も傷みにくくなったり等メリットがたくさんあります。髪の量が多くていつまでも乾かない、ドライヤー熱を軽減したいという方はぜひ試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。